2010年03月08日

新型東北新幹線の愛称募集=青森まで3時間余「E5系」−JR東(時事通信)

 JR東日本は2日、2011年3月ごろに東北新幹線に導入される新型車両「E5系」の愛称を募集すると発表した。
 E5系は、今年12月に東北新幹線が新青森まで延伸されるのに伴い導入される新型車両。最終的には、最高時速320キロで走行し、東京−新青森間を3時間5分で結ぶ。
 11年の導入時にはまず、現在の「はやて」より25キロ速い最高時速300キロでスタート。東京−新青森間の所要時間が、はやてより10分速い3時間10分となる。
 募集期間は2日から今月末まで。インターネットの専用サイトや郵便はがきで申し込む。
 専用サイトのアドレスはwww.jreast.co.jp/E5/。JR東日本の各駅にあるリーフレットでも応募方法を案内している。 

【関連ニュース】
【動画】「0の記憶」夢の超特急0系新幹線・最後の記録
【特集】初代0系新幹線、殿堂に登場
【特集】鉄道写真館
【Off Time】青森で りんごの香りに包まれる
〔写真特集〕鉄道博物館の世界

行方不明 高等養護学校の女子生徒 先月28日から 長崎(毎日新聞)
「たまゆら」火災 理事長ら起訴 改善進まぬ老人施設(産経新聞)
日本アイ・ビー・エムを強制調査=ニイウスコー粉飾事件−監視委(時事通信)
<訃報>奥田眞丈さん87歳=元芦屋大学長(毎日新聞)
<殺人未遂>スーパーで女性刺した被告に実刑判決 神戸地裁(毎日新聞)
posted by ミムラ マサオ at 18:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月05日

母親、無罪主張=起訴内容認め、責任能力争う−小1男児殺害で初公判・福岡地裁(時事通信)

 福岡市西区の公園で2008年9月に起きた小1男児殺害事件で、殺人罪に問われた母親の富石薫被告(36)の初公判が3日午前、福岡地裁(松下潔裁判長)で開かれた。罪状認否で富石被告は「間違いありません」と述べ、起訴内容を認めた。弁護側は、被告の責任能力に問題があるとし、「心神喪失で無罪。または心神耗弱で減刑されるべきだ」と主張した。
 検察側は、起訴前の精神鑑定で責任能力に問題ないと判断したが、弁護側は再鑑定を請求。月内に4回予定されている公判では、鑑定を行った専門家らの証人尋問が行われる予定。
 弁護人によると、富石被告は事件1カ月前の08年8月、病院で適応障害などと診断され、抗うつ剤を服用していた。被告は手足が不自由だったため、弁護側は実行行為を認めた上で「首を絞めて遺体を運ぶのは普段の被告にはできず、副作用の影響があった疑いがある」としている。 

【関連ニュース】
3人刺傷で懲役30年求刑=弁護側は心神耗弱主張
秋葉原殺傷、28日に初公判=責任能力が最大争点
金川被告に死刑=「極刑願望、身勝手極まる」
小泉被告「月火水狙った」=遺族出廷、憤りあらわ
土浦連続殺傷、18日判決=「死刑」が動機、金川被告

橋下府政の借金は一体いくらなの?(産経新聞)
北教組幹部逮捕 民主・小林議員「非常に残念」 (産経新聞)
<津波>国内で最大1.2メートル観測 3万8000人避難(毎日新聞)
最高視聴率32.6%=女子フィギュアSP(時事通信)
<掘り出しニュース>壮観「ハーレー」イベントにぎわう (毎日新聞)
posted by ミムラ マサオ at 15:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月04日

<寺島しのぶさん>最優秀女優賞トロフィーにキス(毎日新聞)

 世界3大映画祭の一つ、第60回ベルリン国際映画祭で、「キャタピラー」(8月14日公開)に主演し最優秀女優賞(銀熊賞)を受けた寺島しのぶさん(37)が27日、大阪市内で舞台終演後、ステージ上で若松孝二監督(73)からトロフィーを手渡された。舞台出演のためベルリンの授賞式を欠席、若松監督が代理で受け取っていた。満場の観客1000人から嵐のような拍手を浴びた寺島さんは「一生忘れない」と声を詰まらせた。

 映画で共演した大西信満さん(34)も駆けつけた。寺島さんは左手で高く掲げた後、トロフィーにキス。戦争の現実を描いた作品について「若い皆さんも見に来て」とあいさつした。その後、3人は劇場ロビーで会見。トロフィーを運んだ大西さんは「ベルリンの空港の手荷物検査で機械に通した瞬間、税関の人が気づいて大歓声と拍手をもらった」と喜んでいた。【鶴谷真】

【関連ニュース】
寺島しのぶさん:若松監督が受賞メッセージを代読
寺島しのぶさん:台本読んで「電気走った」…最優秀女優賞
寺島しのぶさん:ベルリン映画祭の最優秀女優賞を受賞
ベルリン映画祭:寺島しのぶさんが最優秀女優賞
ベルリン国際映画祭:寺島しのぶさん銀熊賞 運命の作品、輝く演技

<国会>自民、苦肉の審議復帰 民主「政治とカネ」置き去り(毎日新聞)
阿久根市長「政治の体なさず」総務相が苦言(読売新聞)
政府、医療チーム派遣へ チリ大地震(産経新聞)
津波警報、首都圏JRも運転見合わせ(読売新聞)
町に4300万円支払い命令=前町長不支持の業者を指名せず−熊本地裁(時事通信)
posted by ミムラ マサオ at 15:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。