2010年05月31日

ベトナム医療団 第1陣4人、ハノイ到着(産経新聞)

 【ハノイ=豊吉広英、油原聡子】「明美ちゃん基金」が適用された「ベトナム医療団」の第1陣となる日本側医療団が30日午後、ベトナム・ハノイに到着した。

 この日到着したのは国立国際医療研究センター(東京都新宿区)の木村壮介院長(66)をはじめ、同センター手術部の河内正治部長(57)、同心臓血管外科の秋田作夢医師(49)、同臨床工学室の深谷隆史技士(41)の4人。ハノイ市内の「ホテル日航ハノイ」にチェックイン後、31日から始まる医療指導にむけ会議を行った。

 メンバーは、各自が普段使っている医療用具を多数持参し、指導に備えている。ベトナム語が堪能で、指導における通訳の役割も担う秋田医師は「ベトナム人医師たちがよく理解できるよう、分かりやすく技術を伝えていきたい」と抱負を語った。

 「明美ちゃん基金」への振り込みは、みずほ銀行東京中央支店・普通口座110−567941「産経新聞社社会部明美ちゃん基金」。郵送の場合は、現金書留で〒100−8077 産経新聞東京本社社会部「明美ちゃん基金」へ。

【関連記事】
子供救え、ベトナム医療団に心臓手術指導 日本側第1陣、30日に出発
「明美ちゃん基金」日本医療団、ベトナムで手術指導へ
形をかえた恩返し「祖国の未来のために」 ベトナムの秋田医師
「手術技術向上が使命」重病担う中核病院 ベトナム
明美ちゃん基金 目指すは「命を釣り上げる“釣りざお”」
iPadが上陸

ネット選挙解禁法案を決定=今国会で成立目指す―与野党(時事通信)
聴覚障害の補充裁判員、「支障なかった」(読売新聞)
<口蹄疫>「区域外」処理も検討 早期出荷へ農水省(毎日新聞)
部活中の重体事故、教諭の暴行罪「不起訴不当」(読売新聞)
不動産取引めぐり10億円所得隠し、都内の建設会社を告発 東京国税局(産経新聞)
posted by ミムラ マサオ at 19:49| Comment(18) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月24日

「あと2、3カ月いてもいい」長期滞在の野口さん、宇宙で会見(産経新聞)

 国際宇宙ステーション(ISS)に長期滞在中の野口聡一さん(45)が日本時間23日夜、米露などの飛行士11人と共同で記者会見。宇宙生活が約5カ月となり、帰還まであと10日に迫った野口さんは「あっという間だった。あと2、3カ月いてもいい」と名残惜しそうに語った。

 体調は良好という野口さんは、「宇宙生活は慣れると快適。(人類が)宇宙に住む時代が確実に近づいていると感じる」と元気そうな様子。地球に帰還後は「温泉でのんびり一杯といきたいところだが、まずは家族とゆっくり時間を過ごしたい」と話した。

 野口さんは、宇宙から撮影した地球の写真をミニブログ「ツイッター」で頻繁に公開していることが海外でも話題を呼んでいる。会見では米国メディアから「宇宙のツイッター・キング」の“称号”を贈られ、「地球は非常に美しい。素晴らしい風景をぜひ共有して」と笑顔をみせた。

 野口さんは昨年12月にISS滞在を開始し、日本人最長の宇宙滞在期間を記録した。6月2日にロシアのソユーズ宇宙船で帰還する予定。

【関連記事】
「日本は有人宇宙船やらないの」 首相、山崎さんに質問??? 
「いつか宇宙へ戻りたい」 山崎直子さん帰国会見
宇宙基地にごみ接近か シャトル飛行に影響?
宇宙で保管の種子不明に 山崎さん搭乗機
宇宙生活の“クマ”公開 羽田空港、若田さんと滞在
中国が優等生路線に?

<毎日・DAS賞>「金の卵賞」に金沢美術工芸大の水野さん(毎日新聞)
今年の生化学的検査試薬の売上高は534億円に―富士経済(医療介護CBニュース)
プレコリオ系ダンスって何? 導入するスポーツクラブが続出(産経新聞)
大都市戦略の策定を=09年度首都圏白書案―国交省(時事通信)
<ボタン>早咲き、中咲き、遅咲きが競演 春の寒波が好影響?(毎日新聞)
posted by ミムラ マサオ at 11:46| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月19日

裁判員裁判、通訳人の誤訳やはり頻発 外国人被告に「悪い印象」(産経新聞)

 法廷通訳人を介して行われる外国人被告の裁判員裁判で、危険性が指摘されてきた「誤訳」が現実問題として浮上している。裁判員裁判は連日、終日行われるうえ、口頭での立証が中心になるため通訳のウエートが大きく、制度開始前から危険性が指摘されていた。大阪地裁で昨年11月に行われたドイツ国籍の被告の裁判員裁判では、判決後の鑑定で誤訳が頻発していた実態が明らかになり、6月2日に始まる控訴審では、誤訳の許容範囲が争われる事態になりそうだ。

 誤訳が指摘されているのは、覚せい剤取締法違反(営利目的輸入)罪に問われたガルスパハ・ベニース被告(54)の裁判員裁判。関西空港でスーツケースから覚醒(かくせい)剤が発見され、逮捕された。ベニース被告は「知人が何をバッグに入れたか知らなかった」と主張した。しかし、「公判で不自然な供述をしている」として懲役9年(求刑懲役12年)を言い渡された。

 ところが、控訴審の弁護人になった渡辺●(=豈の右におおがい)修弁護士によると、ベニース被告は裁判員裁判の前に行われる争点を整理する公判前整理手続き中から2人いる通訳人のうち1人に不信感を訴えていたという。このため、専門家に1審の被告人質問の録音の鑑定を依頼。この結果、被告の発言の日本語訳が「発言内容を十分理解せず、正確だったとは言い難い。もう1人が訂正や補完を試みているが、正確ではなかった」との結論を出した。

 具体的には、1審でのベニース被告の「多くの人が不幸になると取調官から言われ、心が砕かれて戦う気力もなくなった」との発言が、「多くの人が不幸になったので大変申し訳ない」と謝罪の言葉として訳されるなど、長い発言の誤訳は約65%に上ると指摘。被告が何も言っていないのに、通訳人が「えー」「あのう」と言いよどむケースは発言全体の半分以上にのぼり、「被告の発言の信憑(しんぴょう)性について、裁判員が悪い印象を抱いた可能性が高い」と分析している。

 渡辺弁護士は控訴審で、「裁判員の善意と良識が、誤訳を繰り返す通訳人を放置したために踏みにじられた」と主張、審理を地裁に差し戻し、通訳人を複数配置して裁判員裁判を再び行うよう求めるという。

 他の裁判員裁判でも判決後の記者会見で、裁判員から「被告の発言に対して通訳の言葉が短く、正確か疑問だった」との指摘や、「誤訳を訂正する担当をもう1人置いた方がよいのではないか」などの意見が出されるなど、問題を指摘する声もあがっている。

【関連記事】
捜査員が逮捕前に同宿「量刑に影響なし」懲役18年 大阪地裁
強盗強姦の被告、裁判員裁判で23年判決 横浜地裁
「裁判員は違憲」不服申し立て棄却 最高裁
特別な看病演出「居心地よかった」 娘点滴混入死で母
警官をボンネットに乗せ走行 被告が起訴内容認める
少子化を止めろ!

<日航撤退>路線存続へ支援策 愛知県が検討表明(毎日新聞)
車に女性押し込み現金強奪=監禁10時間、容疑で男ら逮捕−警視庁(時事通信)
デフレ脱却に物価目標=法人税は20%台、消費税上げ明記―自民公約(時事通信)
JAYWALK・中村耕一被告に執行猶予付き判決(産経新聞)
民主党 企業・団体献金「党本部」禁止触れず(毎日新聞)
posted by ミムラ マサオ at 13:03| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。