2010年03月09日

首相!「事務方のミスは大臣のミス」ですよ(産経新聞)

 3月3日の参院予算委員会に3人の閣僚(仙谷由人国家戦略担当相、前原誠司国土交通相、原口一博総務相)が遅刻した問題は、鳩山政権の「たるみ」を象徴的に示す出来事として、野党のみならず民主党内からも強く批判された。委員会の冒頭で、3閣僚はそれぞれ陳謝したが、本気で反省しているのかどうかよく分からない謝り方だった。

 遅刻がそれほどの大問題なのかどうかという点については、自民党の義家弘介参院議員が次のように指摘している。

 「受験生が私見に遅刻したら受けられるだろうか。事情があろうとも、5分、10分遅れて『申し訳ありませんでした』と頭を下げてもできないんですよ」

 遅刻しても許されるケースと許されないケースがある。友人との「遊び」の約束なら1、2分遅れても笑って済ませられるが、義家氏の言うように取り返しのつかない遅刻もある。予算委員会はどちらのケースにあたるのか。3閣僚にはよく考えてもらいたい。

 この件に関して鳩山由紀夫首相と平野博文官房長官はそれぞれ、閣僚が遅刻した事実そのものについては陳謝しながらも、遅刻の理由については、「これはかなり事務方のミスでもありますからね。むしろ役人の中で緊張感が足りないのがいると、そのように思っていまして、大変けしからんことが起きたなと。また、申し訳ないことが起きたと。そのように思っています」(鳩山首相)、「事務的な、大臣に時間軸をあげるところにミスがあった」(平野氏)と説明した。

 事務的なミスなのだから大臣のせいではないという考え方もあるかもしれないが、潔かったのは原口氏だ。この日に原口氏は自戒を込めて記者団に対してこう語った。

 「事務方のミスだろうが何だろうが、大臣のミスですから」

 また、江田五月参院議長は4日に平野氏と会った際に、往生際の悪い鳩山首相や平野氏の弁解内容を念頭に置きつつ次のようにばっさりと切り捨てた。

 「政治主導と言いながら、困った時には官僚に責任を負わせるような弁解はみっともない」

 けだし至言である。

 ところで、「事務方のミスは大臣のミス」という原口氏の発言を聞いて、8年前の鳩山首相の似たような発言を思いだした。

 鳩山首相は平成14年3月、『夕刊フジ』のコラムで自民党の加藤紘一元幹事長の秘書による脱税容疑についてこんなふうに語ったことがある。

 「秘書の罪は国会議員の罪だ」

 江田氏の発言を多少ひねってみれば、「不祥事が起きたときに秘書に責任を負わせるような弁解はみっともない」というふうにも言える。(五嶋清)


◇…先週の永田町語録…◇

(1日)

 ▽命もいらず

 鳩山由紀夫首相 西郷隆盛の遺訓は「命もいらず名もいらず」。まさにその通りの覚悟で政治家として臨むべきだ。(衆院予算委員会で普天間移設問題の解決に職を賭す覚悟があるか聞かれ)

 ▽なるほどなあ

 市田忠義共産党書記局長 コメントは控えるが、ある会合で「政権党に擦り寄るのは公明党の習性」と聞いた。私は「なるほどなあ」と思った。(公明党が民主党に接近しているとの指摘に対し記者会見で)

(2日)

 ▽幹事長と遠くない 鳩山由紀夫首相 メディアは幹事長と私が遠いという話をしている。そうではないと実際に示すことが大事ではないか。(民主党の小沢一郎幹事長と頻繁に会談することを決め、記者団に)

 ▽どんどん辞めろ

 谷川秀善自民党参院幹事長 辞めたい人はこの際、どんどん辞めてもらったらいい。整理できることは整理しておいた方がいい。(自民党参院議員で5人目の離党者が出たことについて記者会見で)

(3日)

 ▽せいぜい1、2回

 鳩山由紀夫首相 土日は地元に戻ることが続いていたし、平日は当然国会だ。また母の体調もあり、年にせいぜい1、2回訪れていたかなと思う。(実母との面会について参院予算委員会で)

 ▽動機が不純

 谷垣禎一自民党総裁

 動機が不純だ。自分たちが政治資金問題を起こして隠蔽(いんぺい)するために、話題を転ずるためにやっているのが明々白々だ。(企業・団体献金禁止に向けた協議機関設置について、記者団に)

(4日)

 ▽国会軽視だ

 町村信孝元官房長官 国会軽視の体質は明らかにある。党さえしっかりやっていれば後はどうでもいいという由々しき民主党の課題が現れた。(3閣僚の参院予算委員会遅刻に関し派閥総会で)

 ▽化石みたい

 山岡賢次民主党国対委員長 60年間同じ体制が続き、お役人さんたちはこちこちの化石みたいな行動パターンと考え方を持っている。政治主導にしていくのはなかなか大変な作業だ。(官僚体質について党会合で)

【関連記事】
江田参院議長、3閣僚遅刻で「弁解みっともない」謝罪の官房長官に
参院予算委、開会15分 3閣僚が遅刻
「緊張感欠如」3閣僚遅刻に野党は激怒 首相は陳謝
民主の「驕りの象徴」 参院予算委3閣僚遅刻
3閣僚の遅刻に民主参院国対委員長「言語同断!」
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

アレルギー対策の方向性、新たな検討会で(医療介護CBニュース)
介護報酬1800万円不正請求、2事業所指定取り消し―福岡(医療介護CBニュース)
近畿産業信組支店長、1700万円盗まれる 大阪・枚方市(産経新聞)
普天間先送りなら「深刻な事態」=岡田外相(時事通信)
鳩山・小沢会談が終了(産経新聞)
posted by ミムラ マサオ at 09:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月08日

新型東北新幹線の愛称募集=青森まで3時間余「E5系」−JR東(時事通信)

 JR東日本は2日、2011年3月ごろに東北新幹線に導入される新型車両「E5系」の愛称を募集すると発表した。
 E5系は、今年12月に東北新幹線が新青森まで延伸されるのに伴い導入される新型車両。最終的には、最高時速320キロで走行し、東京−新青森間を3時間5分で結ぶ。
 11年の導入時にはまず、現在の「はやて」より25キロ速い最高時速300キロでスタート。東京−新青森間の所要時間が、はやてより10分速い3時間10分となる。
 募集期間は2日から今月末まで。インターネットの専用サイトや郵便はがきで申し込む。
 専用サイトのアドレスはwww.jreast.co.jp/E5/。JR東日本の各駅にあるリーフレットでも応募方法を案内している。 

【関連ニュース】
【動画】「0の記憶」夢の超特急0系新幹線・最後の記録
【特集】初代0系新幹線、殿堂に登場
【特集】鉄道写真館
【Off Time】青森で りんごの香りに包まれる
〔写真特集〕鉄道博物館の世界

行方不明 高等養護学校の女子生徒 先月28日から 長崎(毎日新聞)
「たまゆら」火災 理事長ら起訴 改善進まぬ老人施設(産経新聞)
日本アイ・ビー・エムを強制調査=ニイウスコー粉飾事件−監視委(時事通信)
<訃報>奥田眞丈さん87歳=元芦屋大学長(毎日新聞)
<殺人未遂>スーパーで女性刺した被告に実刑判決 神戸地裁(毎日新聞)
posted by ミムラ マサオ at 18:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月05日

母親、無罪主張=起訴内容認め、責任能力争う−小1男児殺害で初公判・福岡地裁(時事通信)

 福岡市西区の公園で2008年9月に起きた小1男児殺害事件で、殺人罪に問われた母親の富石薫被告(36)の初公判が3日午前、福岡地裁(松下潔裁判長)で開かれた。罪状認否で富石被告は「間違いありません」と述べ、起訴内容を認めた。弁護側は、被告の責任能力に問題があるとし、「心神喪失で無罪。または心神耗弱で減刑されるべきだ」と主張した。
 検察側は、起訴前の精神鑑定で責任能力に問題ないと判断したが、弁護側は再鑑定を請求。月内に4回予定されている公判では、鑑定を行った専門家らの証人尋問が行われる予定。
 弁護人によると、富石被告は事件1カ月前の08年8月、病院で適応障害などと診断され、抗うつ剤を服用していた。被告は手足が不自由だったため、弁護側は実行行為を認めた上で「首を絞めて遺体を運ぶのは普段の被告にはできず、副作用の影響があった疑いがある」としている。 

【関連ニュース】
3人刺傷で懲役30年求刑=弁護側は心神耗弱主張
秋葉原殺傷、28日に初公判=責任能力が最大争点
金川被告に死刑=「極刑願望、身勝手極まる」
小泉被告「月火水狙った」=遺族出廷、憤りあらわ
土浦連続殺傷、18日判決=「死刑」が動機、金川被告

橋下府政の借金は一体いくらなの?(産経新聞)
北教組幹部逮捕 民主・小林議員「非常に残念」 (産経新聞)
<津波>国内で最大1.2メートル観測 3万8000人避難(毎日新聞)
最高視聴率32.6%=女子フィギュアSP(時事通信)
<掘り出しニュース>壮観「ハーレー」イベントにぎわう (毎日新聞)
posted by ミムラ マサオ at 15:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。